×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

有名メーカーの電動歯ブラシなら安心・安全

フィギュアスケートの浅田真央ちゃんが出演するオムロンの音波式電動歯ブラシ「メディクリーン」のテレビCMが話題を呼んでいます。もともと定評のあるオムロンの電動歯ブラシですが、今回の浅田真央ちゃんのCM起用は大当たりのようですね。メディクリーン・ラインナップ

さて、電動歯ブラシは日に日に進歩しています。オムロンをはじめ、ナショナル、ブラウン、フィリップス、シチズン、リーチ、東レなど多くの一流メーカーが電動歯ブラシに参入しています。その一方、無名メーカーの電動歯ブラシが、100円ショップやディスカウントショップで売られているのも事実です。安売りされている無名のメーカーの電動歯ブラシが一概に粗悪品とは言えませんが、自らの口に入るもの、しかも電動ですから、安心・安全の面から、メンテナンスも受けられ保証のある名の知れたメーカーの電動歯ブラシ、有名家電メーカーの電動歯ブラシを選んでください。

有名家電メーカーの電動歯ブラシなら、メーカー同士で互換性のある換え歯ブラシを使用するタイプもありますから、替え歯ブラシも手に入りやすいといえます。外国製と日本製を比較する方もいますが、性能面では甲乙つけがたく、どのメーカーも、日々の歯科学的研究の成果がそれそれの電動歯ブラシに特徴づけられています。

歯茎をいたわりながら歯垢を隅々まで除去! 『オムロン音波式電動歯ブラシ メディクリーン』

毛先の動きを最大200%向上(※1)させる、オムロン独自の「毛先スウィングテクノロジー」を搭載。毛先が歯に直角に当たり、小刻みに振動しながら歯と歯の間、歯と歯茎の境目にたまった歯垢を除去。回転数やパワーを上げるのではなく、優しい圧力のまま毛先の機能を高めた方式で、歯茎にはやさしく、自然に正しい持ち方やブラッシングができる形状や重量にも配慮しました。

電動歯ブラシの大きさや歯ブラシの形状

電動歯ブラシの大きさは各製品により様々ですが、グリップ部がスリムで小さく、軽い電動歯ブラシを選びましょう。電源は、乾電池式や充電式があります。乾電池式の電動歯ブラシは、電池の交換がわずらわしく不経済ですが、価格は充電式よりも安価です。

歯ブラシの形状は概ね、ストレート型とカップ型のふたつに分けられます。カップ型と呼ばれるタイプは、歯のかみ合う面からグリップできるのが大きな特徴で、ブラウンの電動歯ブラシに代表されるタイプです。ブラシ部分が歯の形状に合わせてあるため、歯そのものへのフィット感はありますが、特に高齢の老人には不向きかもしれません。

一方、ストレート型の電動歯ブラシは、通常の歯ブラシと同じタイプですから、初めて電動歯ブラシを使う場合でも扱いにとまどうことは少ないようです。ブラシの当て方など微妙な使い方も容易にできますから、歯並びの悪い人や老人にもおすすめです。また、このタイプの電動歯ブラシは、バリーエーションがたいへん多く、好みの形状やサイズを選ぶことができ、しかも、安くて、換え歯ブラシの互換性にも優れています。また、本体ごと丸洗いできる耐水性のある機種がおすすめ。電動歯ブラシの使用前後で本体ごと洗うことが電動歯ブラシを清潔に保つ秘訣です。

これからは音波式の電動歯ブラシが主流

浅田真央ちゃんがCMに出演しているオムロンの電動歯ブラシ「メディクリーン」が、進化した音波式電動歯ブラシの代表といえるでしょう。
オムロンでは、超音速でブラシヘッドを振動させる「マイクロビブラート音波」を採用しています。これはオムロンが独自に開発した立体微振動で、歯に軽く当てるだけで歯の汚れをしっかり浮かして取り去り、速度切り替えが可能であることが大きな特徴です。

ブラシ部分にも工夫がこらされており、複数の毛を使用した音波式電動歯ブラシ用の特殊ブラシを使用しています。超極細毛の長い毛先が歯周ポケットにかくれた歯垢をかき出し、毛先の角をとったエッジ加工毛が歯の表面にこびりついた汚れを除去するというもので、電動歯ブラシ本体も比較的に軽量でスリムですから、女性でも無理なく磨くことができます。しかも、驚くほど静かで、経済的な充電式。歯にも歯ぐきにもやさしい音波式の電動歯ブラシが今後の主流となりそうですね。

「真央ちゃんの歯は、どうしてそんなに白くて健康的なの?」「だって、心が真っ白だから・・・」心の白さと音波式電動歯ブラシが浅田真央ちゃんの白い歯の秘密のようです。

Copyright © 2007 電動歯ブラシの選び方 音波式電動歯ブラシで心も真っ白